健保組合とは

健康保険に加入する本人(被保険者)

健保組合に加入している本人を「被保険者」といいます。被保険者に扶養されている家族も加入することができますが、加入するには条件があります。
また、退職すると被保険者でなくなりますが、退職後も「任意継続被保険者」になれば、引き続き健保組合に加入できます。

大同健保に加入する本人

大同健保に加入している事業所で働く場合、勤務時間など一定の条件を満たさない場合を除き、誰もが大同健保の「被保険者」となります。健康保険の給付が受けられ、保健事業を活用できる一方、保険料を負担します。

被保険者資格の取得と喪失

被保険者の資格は、就職した日に取得し、退職または死亡した日の翌日に失います。また、75歳になるなど後期高齢者医療制度の被保険者になった場合は、在職中でも資格を失います。

短時間労働者(パートタイマーなど)の健康保険加入

1週間の所定労働時間および1ヵ月の所定労働日数が常時雇用者の4分の3以上である場合は、健保組合に加入します。

また、勤務時間・勤務日数が常時雇用者の4分の3未満であっても、以下の5つの条件すべてに該当する場合は、健保組合に加入します。

  1. 1週間の所定労働時間が20時間以上であること
  2. 雇用期間が1年以上見込まれること
  3. 賃金の月額が8.8万円以上であること
  4. 学生でないこと
  5. 常時500人を超える被保険者を使用する企業(特定適用事業所)
    または短時間労働者の健康保険加入に労使合意した、常時500人以下の被保険者を使用する企業に勤めていること

退職後も加入するには(任意継続被保険者)

退職すると被保険者の資格を失いますが、2ヵ月以上被保険者だった方は、引き続き「任意継続被保険者」として健康保険に加入できます。

資格要件 退職日まで2ヵ月以上被保険者だった方。
ただし、資格喪失後20日以内に手続きをしなければなりません。
加入期間 退職後、最長2年間。
資格喪失 保険料を滞納したときや、再就職、死亡したとき、任意継続被保険者となってから2年が経過したとき、75歳になったとき(後期高齢者医療制度に加入)。
標準報酬 退職時の標準報酬か、前年9月30日現在の大同健保の全被保険者の標準報酬の平均額のいずれか低い額。毎年4月1日改定。
保険料 一般保険料・介護保険料とも、事業主分を含めた全額を負担。
保険給付 在職中と同様、法定給付(出産手当金、傷病手当金を除く)と付加給付を支給。