保健事業

特定健診・特定保健指導

事前の予防でリスクを回避

40~74歳の被保険者・被扶養者に実施する特定健診・特定保健指導は、法律で健保組合に実施が義務付けられています。
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防と改善が大きな目的で、特定健診の結果に基づき、保健指導を実施しています。

特定健診(特定健康診査)

虚血性心疾患、脳血管疾患、糖尿病等の生活習慣病の予防のために、40~74歳までの方を対象に、メタボリックシンドロームに着目した健診を行います。

本人(被保険者) 事業主が実施する定期健康診断に特定健診の検査項目が含まれています。
家族(被扶養者) 「すまいるケンポ健康診断」または「人間ドック」を受診してください。
(勤務していない任意継続被保険者含む)

お願い

家族(被扶養者)の方で、就労先などで健診を受け、家族健診を利用されない場合は、健診結果を大同健保にご提出ください。大同健保より提出のご案内が届きましたら、ご協力いただきますようお願いします。

特定保健指導

特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高い方に、専門スタッフ(医師、保健師、管理栄養士等)が生活習慣を見直すきめ細かなサポートをします。保健指導の案内が届いた方は、初回面談を必ず受けてください。

実施方法

本人(被保険者) 事業主が実施する保健指導、または外部委託機関等により実施します。
家族(被扶養者) 外部委託機関からご案内を送付します。
だいどうクリニックで定期健診を受ける方は、健診当日にだいどうクリニックにて実施します。
(大同健保加入事業所で勤務をしていない任意継続被保険者も含みます)

指導内容

動機づけ支援 専門スタッフ(医師、保健師、管理栄養士等)の指導のもとに行動計画を作成し、生活習慣改善を開始。計画どおり効果が出ているかなどを3ヵ月以降に評価します。
積極的支援※ 専門スタッフ(医師、保健師、管理栄養士等)のもとに行動計画を作成し、生活習慣改善を開始。電話、メール等で3ヵ月以上の定期的・継続的な支援を受けます。3ヵ月以上の支援終了後、計画どおり効果が出ているかなどを評価します。

※2年連続して積極的支援に該当した場合、1年目の積極的支援を受け、2年目の状態が改善していれば、2年目の特定保健指導は、動機付け支援相当の支援で可能となります。

(改善の目安)
BMI30未満:腹囲1cm以上かつ体重1kg以上減
BMI30以上:腹囲2cm以上かつ体重2kg以上減

各リスクレベルに応じて、将来的に生活習慣病などの発症を予防する無理のない、効果的なサポートを行います。

特定健診の検査基準

腹囲 おへその高さの腹囲が男性85㎝以上、女性90cm以上
BMI BMIが25以上
BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)
血糖値 空腹時血糖値が100mg/dl以上またはヘモグロビンA1cが5.6%(NGSP値)以上
※やむを得ず空腹時(絶食10時間以上)以外に採血し、HbA1cを測定しない場合は、食事開始時から3.5時間未満を除く随時血糖値が100mg/dl以上
※特定保健指導の対象者を選定するための基準です。
血中脂質 中性脂肪が150mg/dl以上またはHDLコレステロールが40mg/dl未満
血圧 収縮期血圧が130mmHg以上または拡張期血圧が85mmHg以上
喫煙歴 喫煙歴の有無

自動判別します

情報提供

リスクの低い人

動機づけ支援

リスクが中程度の人

積極的支援

リスクの高い人

特定健康診査などの実施計画

2018年 2019年 2020年 2021年 2022年 2023年
特定健康診査受診者数 被保険者 98% 99% 99% 100% 100% 100%
被扶養者 65% 67% 68% 69% 70% 70%
87% 88% 89% 90% 90% 90%
特定保健指導 動機づけ 対象者 552人 516人 488人 462人 437人 407人
実施率 56% 60% 62% 63% 65% 65%
積極的 対象者 828人 774人 732人 708人 683人 663人
実施率 48% 50% 52% 54% 55% 57%
保健指導計 対象者 1,380人 1,290人 1,220人 1,170人 1,120人 1,070人
実施率 58% 60% 62% 63% 65% 65%
特定保健指導対象者の減少率(2008年対比) 8% 10% 13% 16% 20% 25%