受けられる健康診断

従業員婦人科検診

近年ライフスタイルの変化から、乳がん・子宮がんにかかる女性が増えています。
婦人科の病気は自覚症状がほとんどないものもありますので、早期発見のために、年に一度婦人科検診をご受診ください。
従業員婦人科検診は、以下の受診方法(A・B・C)からお選びください。

ご注意ください!

  • 受診日に大同健保被保険者の資格がないと申請できません。
  • 保険診療である・選択した指定医療機関で希望する検査を全て実施している場合は対象外です。
  • 乳がん検診<視触診>は2019年度より補助対象項目から廃止しています。

ご確認ください!

  • 受診日当日に大同健保被保険者の資格がある方に限ります。
  • 保険診療による検査は補助申請対象外になります。
  • 10月第3日曜日は<ジャパンマンモグラフィーサンデー>により、受診可能な医療機関があります。詳しくは、希望医療機関のホームページ等で確認してください。
  • 受診後の検査結果が「要精密検査」「要治療」等の場合は、必ず医療機関で診察を受けてください。

A:指定医療機関で受診される方

  • 医療機関によっては、検査の一部を近隣の提携医療に委託する場合があります。
  • 医療機関によっては、乳がん検診<超音波・マンモグラフィ>両方受診に対応していない、または受診はできるが超音波検査の立て替え払いが発生する場合があります。
    その場合、超音波検査費用を全額補助をしますので補助申請をお願いします。

補助申請の手続き<指定医療機関専用>

期間

2023年2月28日まで
予約開始日 2022年5月中旬

申請

受診希望日の1ヵ月前までに申請ください
※新規ご加入者は、加入月の翌月20日以降より申請できます。

申請について

「けんしんナビ」お申し込み手順

ご予約に関することは、日本健康文化振興会にお問合せください。
TEL 03-3316-0777

けんしんナビQRQRコードからもアクセスできます。

※初めて登録する時は・・・

ログイン(オレンジ枠)の下「新規会員登録」をクリックしてください

※新規ご加入者は、加入月の翌月20日以降よりWebの利用ができます。

※医療機関は「けんしんナビ」でも検索できます。

指定医療機関名簿はこちら

次の理由により立て替え払いをした方は、補助申請制度を活用ください。
・指定医療機関で、同日にすべての指定検査が受診できない場合
・指定医療機関で、同日に指定の検査はできたが立替払いが発生した場合

指定医療機関受診について(A)

Web申込が困難な方 こちらをご利用ください

B:指定医療機関「だいどうクリニック」で受診される方

※会社での定期健診・がん検診を「だいどうクリニック健診センター」に出向いて受診している方は、事業所担当者より、婦人科検診項目を含め希望検査項目・日程の調整をしていただいておりますので、会社の案内に準じてお申し込みください。

期間

通年

申請

受診希望日の3週間前までに申請ください

申請について

だいどうクリニック受診について(B)

Web申請方法の説明

C:指定医療機関以外等で受診(補助申請制度)

期間

4月から翌年4月15日まで
1人各検査(乳がん・子宮頸がん・骨密度)につき、年1回の申請です

申請

  • 大同健保ホームページ「あなたのページ」よりWEB申請(2022年5月20日~)
  • 「婦人科検診補助申請書」により申請(2024年度よりWEB申請に完全移行予定)

婦人科検診補助申請書

領収証についての注意事項
  • 必ず原本でお願いします。
  • 領収証に医療機関の印をもらってください。
  • 受診される方の氏名、受診日、各検査項目と、それぞれの金額の記載が必要です。
  • 鉛筆・消えるボールペンで書かれたものやご自身などで加筆されたもの、金額のみ記載のもの、レシートタイプのものは正式な領収証と認められません。
  • 領収証が入手できない場合
    医療機関に申請書の受診項目申請欄に○をつけてもらい医療機関名と印をもらってください。(申請書の記入例をご覧ください)