人間ドック・単独検診

人間ドック

対象者

当該年度に40歳~74歳の被保険者・被扶養者で要件を満たしている方

要件

  • 受診日当日に大同健保の加入者であること
  • 保険診療(保険証を提示し3割(2割)支払いのもの)の検査を含まないこと
  • 医療機関で実施する検査であること
     (単独検診:自治体(市区町村)実施の検査も含む)

次に該当する方は対象外となります

被保険者・大同健保加入事業所勤務の任意継続被保険者

  • 会社で実施する法定健診(定期健康診断)を受診していない方
  • 労働安全衛生法で受診が義務付けられていない方で、会社から全額または指定の検査において費用補助を受け「人間ドック」を受診する方
    ただし、「人間ドック」のオプションで<補助対象の単独検査項目*>を受診した場合は、単独検診を受診したとみなし補助対象となります。
    なお、該当検査に対し会社で費用補助等がある場合は、その額を除いた額で申請してください。
    領収証等申請書類で、単独検診の単価が不明な場合は、当健保の委託先の検査料金を適用します。
    単独検診 検査項目

任意継続被保険者・被扶養者

  • 大同健保から案内する「すまいるケンポ健診」を年度内に受診した方
    *年度内に両方受診し、人間ドック等の補助費用も受け取られた方は人間ドックの補助分を返金していただきます

対象検査項目

  1. ①人間ドック

    契約医療機関(日本健康文化振興会)

(単独検診②~⑥は被保険者のみ)

  1. ②胃部内視鏡
  2. ③大腸内視鏡
  3. ④胸部ヘリカルCT
  4. ⑤肺ドック(例 肺活量・胸部X線・胸部CT)
  5. ⑥脳ドック
  6. ⑦腹部超音波

費用補助

年度内(4月1日~翌3月31日)1人1回を補助
該当年度の申請は、翌年4月15日までに大同健保に届くように手続きしてください。

補助額 検査費用の半額 (補助上限額 20,000円)
※100円未満の端数については、受診者の負担となります。
※勤務先で補助がある場合
 検査費用から勤務先の補助額を差引いた額の半額(上限20,000円)となります。